Category Archives:

 

意図的に複数の顔を持つことが重要

看護師は人命に携わる尊い仕事でやりがいがあふれている反面、大変な激務として知られています。日々常に二重三重の業務に追われるのが当たり前ですが、そうした激務をこなす上で注意しておきたいのが、職場での人間関係です。看護師のように他人と積極的に関わる仕事においては、その関係性を踏み誤ってしまうと業務とは全く関係が無い所で心労のみが募ってしまい、最終的に退職を迫られてしまうことにもなりかねません。
働きやすい環境を整えておく上でも、他人との関係性をどのように構築するのかという点は大変重要です。その際の心構えとして、常に自分の中に複数の「顔」を持つようにしましょう。患者と接する際の顔、同僚と一緒に仕事をする時の顔、上司である医師の指示を聞く時の顔、他業種の人と連携して業務に当たる際の顔など、看護の仕事をするに当たってはこうした顔に応じて態度を使い分けることを心がけると、それぞれの人間関係を上手く調整することができます。こうした点に全く配慮せず、例えば患者に接する献身的な顔で同僚と対してしまうと、他人との関係性を大きく損なってしまうことにもなりかねません。
特に看護師は圧倒的に女性の比率が高いため、同僚などとの適正な距離感を保つことができなければ、マウンティングと呼ばれる人間関係上の問題などを招きかねません。少しでも働きやすく職場の環境を整えるためにも、接する人の立場に応じた適正な距離感を保つことができるような職場での「顔」を複数持つことが重要です。職場での「顔」を複数持つこと以外にも働きやすい環境を整えるために使える看護師の人間関係を円滑にするノウハウを知っておくと自分に合った人間関係構築がうまく出来るでしょう。